iPhone 5c(au/16GB)を購入:その後(iOS9.3.1編)

iOS9.2+mineo Aプランで安定して運用できていたiPhone 5cですが、先日リリースされたiOS9.3+9.3.1にアップデートしたところ、4Gでの接続が出来なくなり、x1接続となってしまうようになりました。

色々と問題が発生しやすい組み合わせであることはわかってはいたので、あーw、程度で済ますことが出来ましたが、メイン端末にしている人はコレは気が気ではないですね。

早速幾つかの対応を行い、回復することが出来ました。

  • 前回記載のおまじない操作→回復せず。
  • mineo公式の構成プロファイルの再インストール→インストール後、おまじないを行っても1x接続のみとなり、解消せず。訂正:どうやら私が再インストールしていた構成は古いAPN Payload版だったようで、こちらだとiOS8以降ではLTE接続が不安定になるため、Celler Payload版の構成プロファイルをインストールしないといけなかったようです。しかし、mineoのプロファイルリンクページにはそういう事は一切書いておらず、「5s/5cをご利用の方はこちらをご利用ください」というAPN版をダウンロードさせる誘導はなんとかしないといけないのではと思うのですが・・・・。
    リンク先による構成プロファイルの違いなど、詳しくは、マイネ王内のこちらの記事を参照ください。
  • ネットワーク設定のリセット→上記公式プロファイルインストール中に行ったが効果無し。
  • とある方が作成した構成プロファイル(Celler Payload)のインストール→4G接続が復帰。復帰後、10分以上4G表示となっていることを確認。

というわけで、公式プロファイルから他者作成のプロファイルへ変更しました(が、上記のように、インストールする構成プロファイルを間違っていたので、公式提供のプロファイルで良かったような気も)。これから先も色々とありそうですが、コレで落ち着くと良いのですがー。

iPhone 5c(au/16GB)を購入

今頃になって、iPhone 5cの中古を購入しました。

iPhone 5c

キャリアはauで、容量は16GB。メインで使用しているiPhone 6のサブとして良いかなぁと。前々からiPhone 6は幅が広くて持っていると手が疲れてくるので、5sまでの4インチiPhoneが欲しかったのですが、丁度売り出し品があったのでソレを入手しました。

筐体色は白でして、あまり白は好きじゃないのですけど、実物を見たら許せる範囲だったので数の多いうちに選んで、キズが無い個体を購入しました(汚れの付き位置からすると、ケースに入れていた模様)。

以下、幾つかメモ書き。

  • ケースは5c専用品が必要(5cは音量ボタンが縦長形状であり、5sケースには合わない)
  • auのSIMロックが掛かっているのもあり、以前からZ Ultraで使用しているmineoのAプランをSIMサイズ変更して利用。プロファイルのインストールの他に、おまじないとして以下操作も必要。
  • おまじない操作→電源が入っている状態で機内モード有効→そのまま電源オフ→オン→ホーム画面になったら機内モード解除。これを行わないと、4G(LTE)が消える→圏外→1x接続になってしまう(同時にバッテリー消費がアップする)。
  • Touch IDは非搭載(忘れてたw)
  • iPhone SEに買い換えしようかと考えていたが、5cのおかげで現在は落ち着いているw(iPhone 7の現物を見てから6をどうするか考える事に変更)。

今改めて触ってみると、5sから6へ買い換えたのは良かったのか?と自問してしまうほど、ベストサイズだと感じます。

 

iPhoneがやってきた!

※サーバー移転の際に画像ファイルが失われてしまったため、文中の画像はありません

といっても、もう半月ぐらい経過してしまいましたが。

その間、smartに載せて出掛けたりしたことがなかったので(最後にスマを動かしたのは、iPhone行列に並ぶためにヨドバシカメラアキバへ行ったのが一番最近でした・・・結局並ばずに帰りましたけどっ)、今日が初スマ搭載です。

iPhoneはバッテリーの消費が結構早いので、電源の取れる車内は安心だぜ!とスマに乗り込んで早速Dockケーブル(DC電源とラインアウト装備)をつないでみると・・・・
ちょwwww使えないってwwwwwwwなぜwwwww

後で調べてみると、iPhoneからは外部供給電圧は5Vになったそうで12V給電のアダプターは全滅とか。既存製品でも5V給電ができるかどうかを確認して購入しないと使えないそうです。
ひとまず、今日のところはDC/ACコンバーターにiPhone付属のACアダプターをつないでUSB→Dockケーブルで給電して、ヘッドホンアウトからオーディオシステムへ。ライン入力周りをユニバーサルな配線にしておいて正解でした。
配置はこんな感じで。
左下の白い四角いのがACアダプタでナビシート下にDC/ACコンバータがあります

さて、ここからが今までと違うところで、今まではiPodの中に音楽データを入れていましたが、3G回線を経由してインターネットに直結なiPhoneの場合はインターネット上のストリーミング放送をそのままiPhoneで受信してしまえばデータを入れる必要すらないのです。今まではPCでファイル化してそれを転送してとメンドウでしたが、そんな必要が無くなりました(‘∇’)。
↑の写真では「Tuner Internet Radio」というソフトウェア(700円)を用いて「DIGITALLY – IMPORTED – Vocal Trance -」につないでるところです。このまま東京方面へ移動しましたが、高速道路上でも安定して受信することができてしまい、なんだかスゴイ時代になったなぁとしみじみ。

自宅にストリーミングサーバーを立てて自宅のライブラリを流せば、iPodやiPhoneにデータを入れ忘れても問題なしですね。また再開しようかなぁ・・・>サーバ