Bubble UPnP Serverを使用して外出先から自宅ライブラリを聴く

OpenHome化で使用したBubble UPnP Serverですが、他にも機能が搭載されており、その中でも興味を引いたのが、自宅外からDMSへアクセスする機能です。コレを使えば、スマホ内に音楽データを入れる必要が無くなる!というわけで、追加で設定してみました。

■前提条件

  • Bubble UPnP Serverが何らかの機器上ですでに稼働していること
  • ADSL以上のインターネット回線があること
    ISDNは厳しいと思います。流石にいないか・・・
  • DynamicDNSもしくは固定グローバルIPアドレスが使えること
    無くても何とかなりますが、使い勝手がかなり悪くなります。ブロードバンドルーター購入の無料提供だとヤマハやアイオーデータ、VPN製品だとSoftEther社のSoftEther VPN、専業ではMyDNS.jpなど。なお、自宅ではVPNも使用しているのでSoftEther VPNを使用しています(ここではDynamicDNSの設定については省略)。
  • Android搭載のスマートフォン、タブレット
    LTE搭載、もしくはテザリングで同等の速度が出ること。foobar2000もクライアントアプリとして使用できるそうですが、試していません。
  • 使用する端末へのBubble UPnPのインストール
    フルバージョンじゃないといけないかどうかは未確認

■サーバー設定手順(Bubble UPnP Server)

  1. Bubble UPnP Serverの設定画面へアクセスする。
  2. 「Network and Security」タブをクリックし、「Allow to access the server from the Internet」にチェックを入れる。
  3. チェックボックスの上方「Credentials」のLoginとPasswordに、外部ネットワーク側からDMSへアクセスする際のユーザー名とパスワードを入力する。
    なお、「Public host name」には自分のインターネットアクセス回線のリモートホストが表示となる。
    BUPP-001
  4. 「Media Servers」タブへ移動し、外部ネットワークから接続した際にアクセスするDMSを選択後、「Make this Media Server available in Bubble UPnP for Android and foobar2000 for Internet Access」にチェックを入れる。
    BUPP-002
  5. 「Status」タブに戻り、「Internet Connectivity Test」ボタンをクリックする。クリック後、ボタン右に「HTTP:Server is reachable from Internet」「HTTPS:Server is reachable from Internet」の表示が出れば外部ネットワークから接続できている状態となり、基本的な設定は完了。
    BUPP-000

■メモ的な物(Bubble UPnP Server)

  • ブロードバンドルーターがUPnPに対応していないと「Internet Connectivity Test」ボタンをクリックした際に、テスト結果がエラーとなる(赤文字で結果表示)。この場合はルーターの静的ポート変換機能で、外部ネットワークからの58050ポートと58051ポートへの通信を、Bubble UPnP Serverを動かしているPCもしくはNASへ転送する設定が必要となる。
  • 「Status」タブの下方に最低でも「Audio Trancecoding Supported:yes」の表示が出ていないと、オーディオメディアファイルをMP3に変換して送信する機能が動作せず、パケット通信契約の上限まで使い切ってしまう恐れがあるので注意する事(俺は絶対FLAC!WAVEだ!という方なら関係ないけどw)
  • ブロードバンドルーターを再起動やポート設定を弄った場合、Bubble UPnP ServerがUPnPの再設定を行わないのか、外部ネットワークからアクセス出来なくなることがある。その際は「Status」タブの下方「Restart Server」ボタンをクリックしてサーバーを再起動する。
    (インストール先がWindows機であれば、タスクマネージャを利用して深夜のアクセスしない時間帯などに、Bubble UPnP Serverサービスを定期的に再起動させるのも良いかもしれない)
  • 「Setting」タブの「Adbanced」タブにある「Trancecode high-res audio to 44.1/16 or 48/16 FLAC」はハイレゾ(44.1/16 or 48/16と書いてあるのでこれ以上のファイルの場合?)ファイルをTrancecodeを利用してダウンコンバートする機能の設定のようだが、クライアント側にBubble UPnPを使用している限りでは、ここで設定をしてもクライアント側設定が優先される模様(設定は後述)。
    BUPP-003

■クライアント設定(Bubble UPnP)
設定手順はBubble UPnP Serverのサイトにドキュメント化されているが、一通りの手順を書いてみます。

  1. Bubble UPnPを起動し、Settingメニューへ移動する
  2. 「Setup network wizard」を選択
  3. 「Name」に設定の名称を入力(自宅 など)。Server addressにBubble UPnP ServerのStatusタブなどで表示されていたPublic host name、もしくはDynamicDNSサービスで取得したFQDNを入力する。
  4. LoginとPasswordは「Credentials」で入力した文字列を設定。
  5. Active on connectionをタップし、ラジオボタンを「Mobile」に変更する。変更することによって、自宅LAN環境ではBubble UPnP Serverのこの機能を使用しないよう明示的に限定できる。
  6. 下方の「TEST」ボタンをクリックし、接続テストを行う。ここでエラーになる場合はBubble UPnP Server のStatus画面状態などを確認する。
  7. エラーが発生しなかった場合は、NEXTボタンをタップし接続先設定を完了する。
  8. 再度Settingsメニュー内「Network and settings」へ移動する。
  9. 「SD Card music caching」内の「Active on connection」をタップし、Mobileを選択(DMSからダウンロードしたデータをローカルにキャッシュする機能をモバイル回線経由のみに限定する)。
  10. 「Add to Android Library」のチェックを外し、DMSからダウンロードしたデータがローカルにキャッシュされた際に、そのデータをAndroid側の音楽ライブラリーに登録する機能を無効にする。端末ローカルにはハイレゾファイルを置いて、それらだけをOS側に認識させたいんだよ!という人には余計なお世話機能であるw(外し忘れても後からチェックを外せばライブラリ登録も解除できる)。
    BUPP-004
  11. 「Music playback transcoding to local renderer」カテゴリ内のMobile Max Bitrateをタップし、モバイル回線時のビットレートを設定する。ウチは割り切って128kbpsを設定。
  12. 無線LANテザリングを使用して他端末経由でBubble UPnP Serverへ接続している場合は、その下のWiFi / Eth Max Bitrateも設定を行う。
  13. その下のLossless onlyチェックは音源ファイルのビットレートが上記二つのビットレート設定以上の場合で、チェックが入っていた場合はトランスコードせずにオリジナルファイルのまま伝送してくる機能(らしい)。ウチでは割り切っているため外している。
    BUPP-005BUPP-006

■アクセス・再生手順

  1. 無線LANを切る。もしくは無線LAN圏外へ移動し、モバイル回線接続にする。
  2. Bubble UPnPを起動し、LIBRARYへ移動する。
  3. 左上のDMS名の横に「[入力した設定名称]」が追加で表示される。
    BUPP-007

  4. いつも通りにライブラリ画面からキューへ曲を追加し、再生を始めれば端末の内蔵スピーカーもしくはヘッドフォンから音声出力となる。

    BUPP-008

    元データはFLAC/96kHzだが、端末に伝送されたデータはMP3/128kbps/44.1kHzとなっている。

  5. Settingメニューで「Local Renderer」を有効にしておかないと再生出来ない可能性があるので注意。
    BUPP-009

■メモ的な物(総合)

  • 使用感ですが、Xperia Z2(docomoキャリア端末)にMVNOであるmineoのdocomo回線SIMを入れてますが、LTE接続で使う分には全く問題ありません。次の曲が始まるまでのタイムラグも無いし、曲が始まってすぐにトラックを進めてもそんなにラグも無く次の曲が始まります。
    あと、2トラック先ぐらいまでは圏外になっていても再生出来るようです。
  • Serverへアクセスできない、接続エラーが発生する場合はダイアグラムとかを書いて、データの流れを整理しないとトラブルシューティングが上手くいかない可能性が高いです。
  • DynamicDNSやポート変換の辺りは一般的なネット関連の知識が必要となるので、ネットワークオーディオとはまた違った勉強をする必要があります。
  • ネット時代になったのになんで端末にデータ入れないといけないんだよ!という人以外は手を出さない方が良いかもしれないですw。
  • Androidベースのハイエンドポータブルプレイヤーにインストールして設定してもイイと思いますが、単体でLTEや3Gに接続できる端末の方が使い勝手が良いし、MP3になってと音がアレなのもわかっちゃうのであまりオススメできないですw。
  • 自宅の整備したライブラリーを外でも使いたいんだ、という人は頑張ってみると幸せになれると思います。
  • データ容量の低いパケット契約をしている際は設定に注意しましょう。
広告

ネットワークプレイヤー環境でプレイリストを作成・運用する

iTunesやその他のプレイヤーアプリだと、プレイリストというのは簡単に作成出来て、特に操作も悩むことも無いのですが、ネットワークオーディオ環境ではどうやって作成すれば良いのか、さっぱりわからない面があると思います。自分も色々と試行錯誤しまして、その結果、安定して運用することが出来るようになりましたので、まとめとしてこのエントリーを書いてみます。

■ネットワークプレイヤー環境で用いられるプレイリスト形式
ネットワークプレイヤーではDMC側で独自に作成できるプレイリストと、リストファイルを作成してDMS側に保存しておく二つのパターンがあります。

m3u-010

DMC側プレイリストの例。Bubble UPnPの場合はVirtual foldersのSaved playlistが該当する。

DMC側リストは今までのプレイヤーアプリのようにアプリ上でライブラリ内から曲を選択してリストへ追加していくので、今までと同じ感覚で作成出来る一方、デメリットとしてリストを作ったデバイスにしかプレイリストが残らない、DMS側にある曲データを更新したりするとリストから曲が消えて、どの曲があったのかわからなくなるなど、かなり不便でした(BubbleUPnPの場合は少なくともそうでした)。
一方、DMS側でプレイリストを保存しておくパターンは、「m3u」というかなり昔(恐らくMP3が流行始めた頃)から存在しているプレイリスト形式をあらかじめ作成し、DMSの所定のフォルダへ入れておくという物です。こちらは複数のDMCからアクセス出来、曲やフォルダ構成を変更してもリストから曲が消えたりということはありませんので、変更した部分を修正すれば、またリストとして再使用できます。

ネットワークオーディオとしては後者の方が圧倒的にマッチしており、もちろんここでも後者についての説明・手順解説となります。

■m3u形式について
Wikipediaを参照

■使用ソフトウェア
・MinimServer (DMS)
プレイリストとしてm3u形式を採用していると明記されており、プレイリストを保存するフォルダを任意に設定可能(contentDir設定でプレイリストフォルダを設定する)。
MS-001

Playlist Creator 3.6.2
m3uを作成することが出来るフリーウェア。エクスプローラーからファイルをドラッグ&ドロップし、作成ボタンをクリックすればm3uフォーマットに沿ったリストを簡単に作成可能。
m3u-002

・文字コードを指定して保存できるテキストエディタ
Playlist CreatorはUTF-8形式を直接書き出すことは出来ないので、保存文字コードを指定できるテキストエディタ(Windowsのメモ帳でも可)が必要。

 

■作成手順
:注:以下に具体的な手順を記載しますが、コレは自分の環境構成での手順のため、ドライブレターや保存先フォルダなどはご自分の環境に合わせて読み替えていただく必要があります。
(MinimServerのcontentDirをMドライブとして設定しています)

  1. 音楽ファイルを格納したネットワークドライブ(Mドライブ)を開き、同時にPlaylist Creatorを起動。
  2. エクスプローラー上から音楽ファイルをPlaylist Creatorのウィンドウへドラッグ&ドロップ。
    m3u-005
  3. ファイルを全て追加したら、リスト下方の「Name and type」へプレイリスト名を入力し、「.m3u」形式を選択し、Create Playlistボタンをクリック。
    (ファイルは「Save location」に設定されているフォルダへ保存となる)
    m3u-006
  4. 保存となったm3uファイルをテキストエディタで開き、文字コードを「UTF-8」へ変更し保存し直す。
    (UTF-8はBOM付で保存していますが、無しでも大丈夫かもしれません(未確認)。改行コードはCR+LFのWindowsタイプで読み込んでくれます)
    m3u-007
  5. 保存後、拡張子を「m3u8」へ変更(変更することによってUTF-8エンコードのファイルであると認識してMinimServerが扱うようになる)。
  6. 作成したM3u8ファイルを、MinimServerのcontentDirへ移動し、MinimServerでライブラリの再スキャン、もしくはMinimServerを再起動する。
  7. DMC上からプレイリストが表示されるナビゲーションツリーを開き(DMSによって異なります)、作成したプレイリストをキューへ追加し、確認。
    m3u-009 m3u-008

 

■メモ的な物
・使用しているDMSで扱えるプレイリスト形式の確認
MinimServer以外にもTwonkeyMedia、Asset UPnP、Kazoo、foobar2000のUPnPモジュールなどなど、DMSだけでも多数存在しますが、各DMSで対応するプレイリスト形式は異なっているかと思われますので(ほぼデファクトのm3u形式化とは思いますが)ご自分の使用しているDMSの仕様を確認してください。

・Playlist Creatorでドラッグ&ドロップできるファイル形式の設定
Playlist Creatorは扱えるファイル拡張子を限定することが出来ます。メジャーな音楽ファイル拡張子はすでに登録済みですが、ドラッグ&ドロップ出来ないときはSettings→File Typesでファイルタイプリストを確認します。

m3u-003

・m3uファイル内でのファイルパス指定(相対パスか絶対パスか)
これは、フォルダ階層構造のことを理解していないとわからない部分とも思います。
Wikipediaにも記載がありますが、m3uはファイルまでのパス記述を絶対パスもしくは相対パスで指定することが出来ます。どちらにも利点はあるのですが、MinimServerに限って言えばどちらにも対応しており、その辺りを悩む必要はありません。
なお、Playlist Creatorでも絶対と相対、どちらで書き出しを行うかを選ぶ部分があります(Settings→Playlist Detailes→Saving playlist entries)。

m3u-004

:注:DMCアプリケーションによってはジャケ写が出ないという問題が発生しました。Bubble UPnPでは相対でも絶対でも問題ありませんでしたが、LUMIN Appでは絶対パスでないとジャケ写がブランクとなりました。絶対パスの方が無難かも知れません。

 

Nakamichi TA-25 取付

まずは純正装着のMDX-M870PEを外します。
外し方はMDX-M870PEの説明書の最後の方に記載されていますが、外枠のこの部分に金属金具がはまっているので、細めのマイナスドライバーなどで外に押しだしてロックを解除します。解除後、その金属金具を本体側に押しながら引っ張り出します。

引き出して横から見たところです。
この金具と1の取り付け枠ですが、ナカミチヘッドユニットに転用は出来ませんでした(ソニー筐体に合うように形状が作ってあって汎用ではなかった)。

配線キットはケンウッドのCA-793E(欧州車配線キット)を使用しましたが、欧州車向けの配線キットならメーカーは問わないでしょう。
キット中に電源配線についての注意書きが入っていましたが、プジョー車はBATT(常時電源)に配線キットのACCを接続し、ACCに配線キットのBATTをつながないといけません。なんでひっくりがえっているんでしょうね・・・?ちなみに、アンテナケーブルは日本の規格に合うようにプラグ形状が変更されていました。

この後、スーパーオートバックスにてカナック企画のUA-T40D(マツダ車/フォード車取り付けキット)を購入し、取り付け金具を交換し完成となりました。UA-T40Dはマツダ車向けとなっていますが、欧州車向けでもあるようです(逆にマツダの方が欧州車規格に合わせてある?)。価格は3675円でした。

Nakamichi TA-25

渋滞の途中でふらりと立ち寄ったハードオフで購入した物です。iPodがクルマでのメインソースである今、CDが再生できる必要はなく、外部入力とFMチューナーさえあれば・・・と考えていたところに、お手頃中古価格のコレが出現し購入しました。

非常に素直な音でソニーのプジョー向けオーディオ(MDX-M870PE)とは比較にならないほど良好。M870PEはいくら調整しても自分好みの音が出ませんでしたが、コレはほぼそのままでOKでした。純正スピーカーでも明らかに音が変わったのには驚きでしたよ。

ソニー MDX-M870PE

ソニーのプジョー向けMDヘッドユニットです。
10連奏のCDチェンジャーもセットで装着されていました。

評価ポイントとしてAUX入力が用意されていて、RCAピンプラグにて外部ソースを入力できます。が、どうにも音が自分には合わず、用意してあった NakamichiのTA-25と入れ替えになりました。CD(無圧縮)から再生しても、iPod(AAC圧縮)+TA-25の音に負けるんですから・・・。

ちなみに、ステアリングにリモコンが内蔵されておりステアリング左側面から赤外線にて本体をコントロールでき便利は便利でした。が、やっぱり音が(以下略

smart純正オーディオにiPodを接続する(取付編)

では、実際にケーブルを接続してみます。
工具としてロックを解除する機構を押すための細めの棒が必要になります。今回は六角レンチでやってみました。

オーディオ横の細長い穴から六角レンチを差し込みます
押し込みポイントと構造は↓の画像を見てください

右の丸の部分を押し込まないと解除できません

ロック解除機構を押している所

方向を変えて撮影
押し方さえ分かれば難しくなく、インパネを傷つけることもなく外せます。

取り外し成功
外部入力ケーブルはコネクタが集合している部分の右上に接続します。


配線を処理して、ヘッドユニットを元に戻します。

ケーブル接続後、CC/CDボタンを押すとCDチェンジャー入力に切り替えることが出来るようになります。液晶には「NO COMMU」と表示されまが、これは本来のチェンジャーと通信できないため表示されるようです。ですが、音声信号は入力できますので、構わずiPod等を再生モードにすればOKです。