10GbE(10GBASE-SR)への移行

長らく宅内の有線LANは1000BASE-Tで運用してきたが、10GbEに関する機器や資材の価格も下がったので、一部を10GbE(10GBASE-SR)へ移行してみた。

■10GbE 接続対象
デスクトップPCx2台、Windowsサーバーx1台

■インテリジェントスイッチ(L3SW)
Allied-Telesis CenterCOM AT-x510-28GPX
リース落ち品でYahoo!オークションにて入手。SFP+ポートが4ポート、PoE+(at)対応のGbEポートが24ポート。

■SFP+モジュール
FS標準 Cisco SFP-10G-SR互換 10GBASE-SR SFP+モジュール(6本)
新品が約2000円と、中古品やジャンク品を買う理由が全く無いお値段。PC側にも必要なため6本購入。
x510では、隣り合ったSFP+ポートに発熱量が高いRJ-45なSFP+モジュールは挿してはいけないという制約もあるため、今回はオール光ファイバー構成。使用できるSFP+モジュールはスタックモードではアライド純正品のみとなるが、非スタックモードではベンダーロックインは無いとの事。
結果、以下のように問題なく認識。

Port Vendor Device Serial Number Datecode Type
--------------------------------------------------------------------------------
1.0.25 FS SFP-10GSR-85 F2031xxxxxx 200810 10GBASE-SR
1.0.26 FS SFP-10GSR-85 F2031xxxxxx 200810 10GBASE-SR
1.0.28 FS SFP-10GSR-85 F2031xxxxxx 200810 10GBASE-SR

■10GbE ネットワークカード
ノーブランド NB-INT-X520DA1-S Intel 82599EN 搭載 10GbE SFP+ 1ポート(3枚)
使用しているPCにはGbEコネクタのみとなるので購入。こちらもSFP+モジュールのベンダーロックは無く、ノーブランドでもインテルな新品、しかもオリオスペックなので偽物だったという事も無く安心して購入できた。
PCIe 2.0の8レーン接続となるので、なるべくなら8レーンで接続したい所だが、宅内で動かしている機材では何らかの制約が発生。詳細については後述。

■光ファイバーケーブル
LC/UPC-LC/UPC デュプレックス マルチモード 光パッチケーブル・5m(1本)、10m(2本)

というわけで、これらを組み込んだり、敷設したりして稼働開始。

続きを読む