AndroidTV STBにインストールしたアプリからSMBファイル共有に接続できない

・J:COMのAndroidTV STB(J:COM LINK XA401)は、SMBファイル共有へ接続するためのライブラリが削られているらしく、インストールしたAndroidアプリからSMBファイル共有への接続はできない。
・SMBファイル共有関連の操作を行おうとすると、アプリがエラーを表示する。
・SONYのAndroidTV搭載テレビでは同エラーは発生しないとの事。

Android Playストアで”ダウンロードを保留しています”表示が消えない

■現象
・Android(今回はAndroidTV)のPlayストアでアプリケーションを新規インストールもしくはアップデートしようとすると、”ダウンロードを保留しています” “ダウンロード中です”といった表示が出たままプロセスが進まない。
・ダウンロードしたアプリに課金して制限解除しているのに、新たに購入する必要があるといった表示となる

■原因
発生しているデバイス内にあるPlayストアアプリのデータ異常

■解消手順
ここではAndroidTVでの手順を記載する
1.STBの設定画面を呼び出す(J:COM LINKの場合は、リモコンのスタート→設定)
2.”アプリ”を選択
3.”最近開いたアプリ”から”GooglePlayストア”アプリを選択(無い場合はインストールされているアプリ一覧でPlayストアアプリを一度起動してからアプリメニューに入る)
4.”データを削除” “キャッシュを削除”を実行する
5.実行後、Playストアアプリを起動する

3Mbpsのストリーミング配信

 現在、自宅ルーターはNTT-MEのBA8000Pro。2セッション同時接続機能を持っていたり、豊富なルーティング機能もあって設定次第でフレッツスクウェアと通常インターネット接続が平行して行えます。そこで、メーカーの設定ガイドを見ながら設定してみたところ結構簡単に出来ました。うちで引っかかったポイントは
・ProxyDNSを有効に
・各PCのDNSサーバー指定をBA8000Proのアドレスに変更する
・自宅サーバーしている人は自分のドメインを含んだDNSクエリをLAN内のDNSサーバーに
 渡すように追加設定するといろんな問題がすっきり解決して○。
 (サーバーをプライベートアドレスで構成していて内向けDNSを用意している人とか)
 で、フレッツスクウェアと言えばガンダムSEEDのストリーミング配信ですがWindowsMediaPlayer9に合わせたビットレート3Mbpsの配信があったので早速見てみました。出てきた映像は「DVD見ているんか?」というぐらいストリーミングだという事を感じさせない物でした。不満は強いて言えばエンコーダーのクセなのか輪郭がすこし甘い事、音声がレベルオーバー気味になっているところがあるのか時々ノイズっぽい音が聞こえることぐらい。しかし、やろうと思えばここまで出来るのですね。