デスクトップウィンドウマネージャーのメモリ大量消費

24/365稼働であるPentiumGold G6400マシンでメモリが消費されているという監視通知があり(記事化していないが、PAESSLER社 PRTG Network Monitorの無償版でサーバー、ルーター、スイッチ、無線APを監視している)、確認した結果のレポート。

■現象
物理メモリが80%まで消費されていた
デスクトップウィンドウマネージャー(dwm.exe)が約3.5GBメモリを消費(正常時は約10~100MBほど)
再起動すると解消するが再発する

■原因
Intel CPU内蔵ビデオドライバーの不具合。詳しくは以下を参照。
Intel – dwm.exe (デスクトップ・ウィンドウ・マネージャー) が 27.20.100.8587 より新しいドライバーでメモリーの午午を生成

■解消手順
サポートサイトからバグ解消バージョンのドライバーインストーラーをダウンロードし、アップデートインストールを行う。なお、PentiumGold G6400内蔵のUHD Graphics 610では、バージョン30.0.101.1660のインストーラーでインストールを行っても、デバイスマネージャー上のドライババージョンは27.20.100.9415となり、メジャーバージョンは27のままであったが(ドライバ日付は2021/03/22)、アップデート後はdwm.exeの消費メモリ画像化していく現象は解消した。