RTX1200昇天

土曜日の昼間、IIJmioのWebサイトを見ていたら、IPv4で接続となっていて「またかー」(Windowsをスリープ運用していると、時々IPv6アクセスしなくなってしまう事が過去にあった)とPCのEthernetを無効⇒有効にして解消・・・と思いきや回復せず。IPv6のトンネル接続はできているのにおかしいと、RTX1200を再起動してみたところ・・・POWERランプが点滅のままとなる事態に。

ツイート通り、起動してこないとWebアクセスもTelnetアクセスもできないので起動状況が全く掴めず。唯一の手段であるシリアル接続は、宅内PCのいずれにもDB9シリアルポートが無く接続できず。結局、外出ついでにUSBシリアル変換を購入し様子を見てみると・・・・

Firmwareのチェックサムエラーが発生していて、そこで起動が止まっていた。FWのアップデートは行っていない状況から発生しているので、何らかのHW障害の模様。

それもダメでした。取説に起動プロセスが記載されていて内蔵FWが起動しないとSD/USBリカバリは出来ない模様で、この過去ログの人と同じ状況になっているようです。blogの方は内蔵FWから起動できたタイミングがあったのでしょうね。

↑のツイートでも書いているが、YAMAHAルーターの一部機種ではUSBメモリやマイクロSDからコンフィグやファームウェア(FW)を読み込んで起動する機能があるが、この機能は本体内蔵フラッシュ上にあるFWが正常起動した後に動作するため、今回のように本体内蔵フラッシュ上のFWが起動できない場合には使えない・・・・。まさかこんな事が発生するとは思っておらず、FW1スロット側はツイート通り未書込状態のためどうにもできずであった。

で、結局の所、さすがにCATVのバックアップ回線では速度も厳しいため・・・

以前、安く売っていてコレクション用に買っていたRT107eにコンフィグを移植する事に。コンフィグはRTX1200との違いが結構あり(lan3が無い、WebGUIで表示されるフィルター番号がRTX1200とは異なっている、DS-LiteできないのでPPPoE接続をメインにする)少々手間が掛かったが、数時間で何とか稼働。

ひとまず、4月入るまではRT107eで稼働して、その後はRTX810を購入予定(安いし数も多いので)。