Virtuを使用せずにQuickSyncVideo環境を構築する

以下掲載内容はKaby Lake等の新しい世代のCPU内蔵ビデオ回路では使用できません。
こちらのエントリーを参照してください(2017/3/20)


Virtuをインストールして構築したQuickSyncVideo(QSV)環境ですが、Virtuがビデオカード側のドライバに影響を受けて動作しなくなったり、TMPG Enc5使用中に原因不明のエラーが出たりすることから、前々からVirtu無しでビデオカードとCPU内蔵ビデオを併用できないか考えていました。

QSVは条件として、CPU内蔵ビデオを使用しないと動作しない・・・何かモニターが繋がっているように見えれば動作するのでは?というわけで、ダミープラグのような物がないか、Google先生で探してみたところ、ピッタリな記事を海外のフォーラムで発見。

[VGA Hack] How To Make a VGA Dummy Plug | Geeks3D

必要な物はD-Sub 15ピンコネクタもしくはDVI-Iコネクタに、50オーム~150オームの抵抗が3本。これを図のように配線し、CPU内蔵ビデオのコネクタに接続。接続すると、ディスプレイが1台追加された状態となり、CPU内蔵ビデオ回路が動作するようになります。なお、拡張デスクトップ扱いにしているときは、マウスカーソルがモニターの繋がっていないエリアに行ってしまうので、ミラーリング扱いにすると良いかなぁと(ウチの環境ではT221のミラーとなりそれは無理なので、拡張扱いのままにしています)。

部品は千石電商にて購入。適当にハンダ付けして完成。一応コネクタカバーも取付けました。

VGA-DummyPlug

 

結果は成功。Virtu無しでもQuiCkSyncVideoを使用する事が出来ました。これで不安要素であるVirtuを排除することが出来て一安心です。

広告

Virtuを使用せずにQuickSyncVideo環境を構築する」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中