ファイルサーバー ハードウェア更新

以前から使用していたWindowsServer 2008環境で発生するディスクアクセス待ちによる無反応時間がどうしても気になってしまい、手持ちの余っているパーツを流用してハードウェア構成を変更した。

Intel Atom D510
Intel D510MO
DDR2-800 2GB
WD10EADS 1TBx2 (ソフトウェア RAID1)
Windows Server 2008 Standard
(Web,DNS,File)

Intel Pentium DualCore E6800
Intel DG45FC
DDR2-800 4GB
WD20EFRX 2TBx2(Intel Matrix RAID RAID1)
WD10EADS 1TB (Windows Server バックアップ専用ディスク)
Windows Server 2008 Standard
(Web,DNS,DHCP,File,SoftEther)

マザーボードを変更したことによってCPU、メモリ、NIC、チップセットが刷新となり、同時に2TBのハードディスク(WD Red)に交換した。

最初に、Atomマザーで使っていたmini-ITXケースに入れた所、やたらと電源ファンが高回転になり、筐体もかなり暖かくなったので、別ケース(スリムタイプのMicroATX)へ移設。移設時に気がついたが、電源が120Wでギリギリだったためかなり発熱していた模様。さすがにTDP 68WのCPU+4.5WのHDD 2台+マザーボードを120W電源では無理だよね!というわけで、素直に変更(こちらは300W電源付)。

ケースを変更し、今まで置いていた場所に置けなくなくなったため、未使用になっていたHP ML115を置いていた場所へ移動する事にし、ML115は本格的に行き場所が無くなってしまった…。

ソフト面では、Server2008でファイルサーバーとDNSサーバー、Webサーバー(Apache,MySQL,PHP)なのは変わりないが、ルーターであるNVR500にやらせていたDHCPサーバーをやめて、Server2008へ統合。他、処理能力に余裕が出たので、SoftEther VPNサーバーもTV録画PCから移動となった。

バックアップに関しては、RAID 1によるミラーリングと、外付USB HDDへ定時に通常のファイル単位での差分コピーを実施していたが、今回はOSのバックアップも実施したいので、Windows Serverバックアップへ変更した。これで、専用ディスクにバックアップしたイメージファイルから復元処理を行えば全て丸々元通りになる(もちろん、ファイルやフォルダ単位でも復元できるが)。Windows Serverバックアップを使わない手段としては、シャドウコピーも設定し、定時的なスナップショットも作成している。

Windowsサーバーを使うのは、やはり何かあったときに対処がラクだから。Linuxだとディスクフォーマットの違いや、再設定するときのテキストベースでの設定など、普段GUIで全て設定できる環境にいるので、なかなか辛い。パフォーマンスは負けると思うが、リカバリのやりやすさを取った次第。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中