2F PCを小変更

ShuttleのSP45H7から部品を移設して既存のケースに再セッティング。

Intel Core2Quad Q9400
ASUS P5N7A-VM
4GB (DDR2-SDRAM)
WD 500GB (3.5″ S-ATA HDD)
NVIDIA GeForce 9300(Video)/nForce 730i
SONY CPD-17 sf9(17″)
Windows7 Ultimate(x64)

P5N7A-VMのオンボードビデオは出力端子が非常に多彩でアナログ、DVI、HDMI、DisplayPortと現状でのフルラインナップ構成。この中でも、一番古い規格であるアナログを使って、ソニーの17インチブラウン管ディスプレイに接続しています。

このマザー、LGA775でDDR2メモリを使える製品という条件で探していたのですが、発見したのは地元のパソコンショップ。アキバにいってもなかなか条件に合う物がなかったのですが、ふらりと入った店で発見できるとはラッキーでした。

しかし、ASUSマザーのスタンバイ(S3)の安定性には驚きます。Gigabyteはもちろんの事、Intelマザーよりも安定してスタンバイで運用できています。こうしてASUS厨となっていくわけですね。(追記:この項目については取消します。導入当初は良かったのですが、使うに従って復帰できなくなる確率が上がりました。検索すると同様の症状の人が多く、安定運用するためには工夫が必要とのこと。他のASUSマザーではこのようなことは発生していないので、このチップセット特有かと思われます)

このシステムは発売予定となっている某ケースが出回り始めたらそちらに移設の予定。(追記:この予定はなくなりました)

SP45H7はオークションにて売却します。キューブ型ケースはどんな物なのか?と思い購入しましたが、自分の置き方ではイマイチ省スペース感が無かったこと、スタンバイの安定性が今ひとつだったこと、等が重なり手放すことになりました。もうキューブ型を買うことはないでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中