WindowsVista・IPv6が有効になっているとWebサイトが閲覧できない

環境:
PC本体・NEC WindowsVista HomePremium機
ルーター・メルコ BBR-4MG
回線・Bフレッツマンションタイプ(構内VDSL)
プロバイダー・OCN
確認:
ルーター上では回線接続中表示
通信ログ上でも正常接続完了済
グローバルIPアドレス取得OK
DNSサーバーアドレス自動取得OK
Pingによる外部ネットワークの通信確認OK
解決:
ネットワークと共有センター経由で内蔵Ethernetポートにバインドされているインターネットプロトコルv6を解除したところ閲覧ができるようになった。
原因:
不明(時間の都合で詳しく追求できず)。
PINGでのIPアドレス直打ちによる通信はOKだったため、単純に名前解決ができていなかっただけ?
考察:
ルーターはIPv6対応の物ではないのでルーター側で問題が発生していたとは思えないのだが・・・。なお、VistaUltimate+FORTINET FORTIGATE100Aの環境ではIPv6有効のままでも同様の現象は発生していない。Vista環境だといくつかのルーター製品で通信ができない現象が発生するという話も聞いているので、その関連かもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中