DELL PowerEdge 2500

DELLのIA32サーバーであるPowerEdge 2500。これ、かなり前に会社の引き上げ品で転がっていたのをもらって自宅に持ってきてありました。ホントのサーバーマシンだけあって二重化電源(電源ケーブルが二本必要)、ホットスワップ可能な電源ユニットとRAIDシステムとノンストップシステムを構築する上で必須の機能が搭載されていて一般家庭で使う物ではありません。
が、ここに来て何らかのLinuxディストリビューションを入れて各種サーバマシンとして使ってみようかと思い立ちましてRAIDのセットアップからやりなおしてます。久しぶりだったのでRAIDの作り方をすっかり忘れてしまい少し迷ったのはヒミツです。
このマシンが稼働すればMac二台になってしまっているDNSサーバーを一つに、メールサーバーも統合、DHCPサーバーもくっつけられます。本来ならWebサーバーも引っ越ししたいところですが、Webコンテンツのコピーの便利さから現在のWindowsを使ったサーバーのままになるかも?といった感じ。
Mac二台よりも電力喰う(Pentium3-S 1.2GHz Dualに二重化電源)かもしれませんが、稼働台数をとにかく減らしたいので頑張って構築やってみる予定。幸い、時間ならたっぷりあるわけで!
参考サイト:
Fedoraで自宅サーバー構築
Linux で自宅サーバ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中