MS440GXマシン強化

 間違えて落札したPentiumII Xeonをフォローするために購入したIntel MS440GXマザーマシンに、Netfinity5500から外したCheetah 4GB×4個を移設してみました。
 CheetahはもちろんSCAコネクタなので、まず68ピンと電源コネクタに分離してくれる変換コネクタをじゃんぱらにて@586円にて4個入手。IDや各種設定ピンなどがあるタイプとしては最安値かと思われます→じゃんぱら。
 そのまますでに組み込んであった2930U2に接続。4台のうち1台は起動ドライブ、残り3台はWindows XPのソフトウェアRAID機能によってRAID 0にてストライピング設定に。
 RAID作成は問題なく終了し、IEのキャッシュをストライプディスク上に作成するように設定。単純に起動ドライブにキャッシュを作っていたよりもWebページの展開が高速化されたのが確認できました。
 CPUはイケてないですが、足回りの強化によってまだまだ現役で行けるマシンに仕上がったようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中