VPN接続

 以前からやってみたかったVPN接続に挑戦。昔はOCNエコノミーの他にISDN回線があったので、ISDN経由PIAFSでMN128に接続して自宅LANにつないでいたのだけど、それがADSLに変更したため出来なくなってしまい、なにか代わりの物はないかと探していたのだ。


 そこで、一般的になってきたVPN接続を試してみることに。試した結果、あっさりと成功~
 VPNサーバー:Windows2000 Server(プライベートアドレスにて運用)
 VPNクライアント:WindowsXP Pro SP1
 VPNプロトコル:PPTP
 クライアント側回線:PacketOne 144kbps
 サーバー側回線:Bフレッツ ニューファミリー
 サーバー側は固定でグローバルIPアドレスを複数割り当て済
 BA8000 Proの静的マスカレード設定にて以下の設定をする。
 プロトコル・TCP
 リモートIPアドレス・空欄
 リモートポート・空欄
 外部IPアドレス・WAN側ポートIPアドレス
 外部IPアドレス入力・グレーアウトしていてWAN側ポートIPアドレスが入力済
 外部ポート・1723
 内部IPアドレス・Windows2000 Serverに振ってあるプライベートアドレス
 内部ポート・外部ポート番号と同じ
 内部ポート指定・グレーアウトしていて外部ポートと同一の数字が入力済み
 あとは、クライアント側でプロバイダに繋いで、VPNの接続を後から開始させれば接続完了。 PPTPはIPSecに比べると設定項目も少ないので楽々でした。
 しかし、PacketOneのためか転送などはかなりスローで、テストで友人のイーアクセス12M環境から接続 した時はつながることはつながるけど、共有フォルダが見えなかったりしてダメでした。
 とある方の情報によると、VPNサーバーから出されるMTUのサイズをフレッツ向けに調整しておかないと、ルーターのパケットサイズフラグメント処理が追いつかなくなり、パケットの破棄と再送が鬼のように発生、通信が出来ていないように見える・・・との話が。そんなんで、VPN専用LANカードを追加で入れないといけないようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中